• HOME >
  • 三次神経内科クリニック花の里 >
  • 脳ドックのご案内
脳ドックのご案内
 脳ドックの目的は、特に症状がない状態で、知らないうちに発生しているかもしれない脳の病気を、早期に発見することです。 また、脳卒中・動脈硬化を起こしやすくなる要素(危険因子)に関しても評価を行います。 無症状でも脳梗塞・脳出血の病変がある方は、将来的に脳卒中を患う危険性が高まることが知られています。 早期に脳病変を発見し、また、動脈硬化の危険因子を把握することにより、脳卒中の予防対策をいち早く実践することができます。
脳ドックでわかる脳の病気,状態
・脳梗塞、脳出血(脳内の細かい血管が詰まっている、あるいは破れている)
・脳動脈瘤(脳血管の一部がこぶ状に膨らんでいる、大きさや形によっては破れて「くも膜下出血」を起こすことがある)
・動脈狭窄(脳を栄養する太い血管が狭くなっている)
・脳腫瘍
・脳卒中の危険因子(病気を起こしやすくする要素)
・もの忘れの簡易検査も実施します
脳ドックの内容
当院の脳ドックは、日本脳ドック学会が発表している「脳ドックのガイドライン2008」に準拠し、以下のような内容で実施します。

問 診  動脈硬化に関連する病気・項目を中心に、ご自身の治療歴や家族歴などについて、質問用紙を用いてお尋ねします。
身体計測  身長,体重,血圧測定の他、内臓脂肪の指標として腹囲を測定します。
神経診察  運動や感覚のはたらきなど、全身の神経機能について、神経内科専門医が診察いたします。
採血・採尿  血糖、コレステロールの値など、代謝機能に関係する項目のほか、肝臓・腎臓のはたらき、貧血の有無などを測定します。
心電図  不整脈や心筋虚血、心室肥大などの検索のため、心電図を記録します。
認知機能検査  国内でよく用いられる「改訂版長谷川式簡易知能スケール」,また,世界的に普及している「Mini-mental state examination」を実施し、認知機能の評価を行います。また、うつ状態の検索も質問形式のテストで行います。
頭部MRI・MRA  MRIとは、超伝導磁石が埋め込まれたトンネルの中に体を入れて、磁石と電波の力によって体の中の構造を調べ, コンピューターによって人間の目でわかりやすいような画像に再構成して、体の中を映し出す検査です。
脳内の詳細な変化を評価でき、また、造影剤を投入しなくても脳内の血管の様子を評価することができます。 X線検査ではありませんので被爆の心配はありません。当院ではGE社製1.5テスラ超伝導MRI装置「Signa HDxt1.5T」を使用しています。
頸動脈エコー  超音波診断機器を用いて,頸部の血管を描き出し,動脈硬化の評価を実施します.

 ※MRI検査についての注意事項※
MRIは磁気による検査です、体内に心臓ペースメーカー,人工弁,人工内耳,非チタン製の脳動脈クリップなどの金属類が入っている方は磁気による不測の影響があるためMRI検査を受けて頂くことができません。

 ※検査当日のその他注意事項※
検査前の食事制限や絶食は必要ありませんが、より正確に血液検査の結果を判定するために採血は空腹の状態で行うことが好ましいです。 検査前に食事をとってこられた方は、何時間前に食事されたかを採血時にスタッフにお伝えください。

■料金 : 43,200円(消費税込み)
お問い合わせ
完全予約制です(電話で予約をお取り頂けます)
お気軽にお問い合わせください
⇒ (0824) 63-0330 三次神経内科クリニック 花の里 受付まで
ビハーラ花の里病院
三次神経内科クリニック花の里
ナーシングホーム沙羅
サービス付高齢者住宅迦葉関連