「ナーシングホーム沙羅」

アイスマッサージ

4月13日に給食委員会主催の施設内研修会が開かれました。

研修会ではアイスマッサージテーマに

ビハーラ花の里病院の笹村和博言語聴覚療法士に来ていただき

口腔・嚥下障害に対してのアイスマッサージ』について、

実際に入所者様の状態を確認しながら実施しました。

 

凍らせた綿棒に水をつけ、

無理のない程度に口を開けていただきます。

舌根部や、咽頭後壁の粘膜面を軽くなでたり、押したりし、

マッサージします。

そのとき

「ゴックン」

という、嚥下反射が起こるのです。

職員も自分の、喉に手を当てたりして確認しました。

綿棒の水分量や、凍った綿棒から溶け出した水分での

誤嚥や、マッサージ部位に気をつけながら、

正しいマッサージ法を学びました。

 

ポイントとして、

いきなり口腔内からではなく、唇、舌と刺激して、

自発的な嚥下が出るまで、待つことが大切とのことでした。

食事前の練習、

食事中に、「ゴックン」が、

なかなかできないときにも有効的なようです。

「美味しいものを口から食べたい」

 と、思うのは皆さん共通です。

そのためにも日頃からアイスマッサージなどを行って、

出来る限り、安全に口から食べれるように

支援できればと思います。

関連記事

アーカイブ